デイサービスリムーブの隣にある公園で屋外歩行練習を行っています デイサービスリムーブでの個別運動療法の場面 デイサービスリムーブでの歩行練習場面 デイサービスリムーブの職員と利用者様のふれあい デイサービスリムーブの施設写真 デイサービスリムーブ職員のポーズ

Physio Studio Re+move
『そして再び動きだす。』

 
Re+moveは、
「再び動く」
「バリアアリー」
「家族見学・体験型」
をコンセプトとした
オーダーメイドプラグラムの
半日型デイサービスです。
 

Physio Studio Re+move
『そして再び動きだす。』

 
Re+moveは、
「再び動く」
「バリアアリー」
「家族見学・体験型」
をコンセプトとした
オーダーメイドプラグラムの
半日型デイサービスです。
 

すべての人に
オーダーメイドのプログラムを


年齢も、お身体の状況も、ご持病も、生活環境も、ご家族状況も
 Re+moveをご利用される方はひとりとして同じ状況の方はおりません。
だから、Re+moveのプログラムはオーダーメイド
それぞれ違う課題に一緒に向き合って参ります。
デイサービスリムーブのロゴ
 
サービス内容はこちら▶︎
デイサービスリムーブ近くの公園での一コマ デイサービスリムーブのスタッフ就業写真 デイサービスリムーブの歩行練習の1コマ デイサービスリムーブのバランスボールを使った運動 デイサービスリムーブのバランスディスクを利用した運動 デイサービスリムーブの個別プログラム デイサービスリムーブの看板 デイサービスリムーブの運動療法 デイサービスリムーブの利用者様 デイサービスリムーブの吹き抜け、木々が綺麗
  • 01
  • コンセプト
デイサービスリムーブのグループ運動の1場面

再び動く

1つ目のコンセプトは「再び動く」です。
おひとり、おひとりにあったコンディショニング、運動療法を中心にプログラムを構成。体を動かすだけでなく、コミュニケーションや脳を使って認知機能を高めるような構成を心がけています。

バリアアリー

2つ目のコンセプトは「バリアアリー」です。バリアアリーはバリアフリーを意識した造語で「バリア(障壁)がアリー(ある)」です。普段お住まいの環境は、敷居の段差があり、上がり框があり、電源コードが生活動線に入っていたりと施設のように整っていることはないですよね?Re+moveでは、わざと難しい環境を設定することで、ご自宅でも活かせる身体の使い方を学ぶことができます。

デイサービスリムーブの屋外歩行練習の設備
デイサービスリムーブの家族体験型運動の紹介

家族見学・体験型

3つ目のコンセプトは「家族見学・体験型」です。
Re+moveでどんな活動をされているのか、ご家族様に見学して頂くことができます。お身体やご持病に合わせた身体の動かし方や、動作を高めるためのコツをご説明致しますので、ご自宅に戻られてからも、ぜひご活用ください。

  • 02
  • Movie

リハビリ風景

Re+moveで行っている室内リハビリの様子になります。利用されている方に合わせて運動プログラムを変えています。

屋外のリハビリ環境

Re+moveでは屋外でのリハビリも行っています。凸凹のある歩行練習用の通路もあります。歩きやすい道ではなく、安全な環境で歩きづらい道を。

  • 03
  • ご利用者様の声
利用者様の声01


Re+moveを利用して2年くらいたちますが、以前は畳での生活が困難だったものの、最近では足腰の力もつき畳の上に座ったり物につかまって立ちあがれるようになりました。難しい運動も職員の方々に支えて貰いながら行う事ができるようになり、楽しくリハビリに取り組むことができています。また、屋外でのいろんな歩行練習をしていただけるのも有り難いです。

80代 女性

利用者様の声02


以前は1日型のデイサービスを利用していましたが、もっとリハビリを頑張りたくてRe+moveを利用するようになりました。Re+moveでは自宅や1人ではできない運動を半日かけて行ってくださるのでとてもありがたいです。また、運動の意味や自主トレーニング方法も丁寧に教えて下さるので、家での運動の習慣もつくようになりました。職員の方々も若くて元気があり、皆さんと一緒に運動するだけで元気を貰います。

90代 女性

利用者様の声03


私は脳梗塞を発症し病院を退院する際に次のリハビリ施設を探していましたが、なかなかリハビリを積極的に取り組む施設が見つからず困っていました。そんな中、Re+moveを知ることができ自宅で生活をしながらリハビリや運動に取り組むことが出来ました。当初の目標であった職場復帰や車の運転も今では行えるようになりましたが、一方でリハビリの継続の必要性も感じております。次の目標に向けて、Re+moveでのリハビリを続けていきたいと思っています。

50代 男性
 

利用者様の声04


最初のRe+moveの印象は、職員が若くて元気が良い、運動が多くて疲れるといった印象だったが、いかに今での運動が足りなかったのか、方法が間違っていたのかを気付かされた。職員さんが1人ひとりの身体の状態に応じて丁寧に運動の内容や方法を変えてくれており、「少し疲れるくらいの運動」の重要さも理解できた。今でも転倒することなく自宅での生活や散歩などができている。孫の結婚式に行けるようにこれからも頑張りたい。

70代 男性

お申込み方法について

担当ケアマネージャー様にご連絡ください
【介護保険の認定を受けられている方】
まずは、ご担当のケアマネージャーもしくは、地域包括支援センターのご担当の方に、Re+moveの利用を申し込みたい旨をお伝えください。

【介護保険の認定を受けられていない方】
 介護保険の認定申請が必要な方につきましては、まずは相談・手続きの方法など可能な範囲で助言をさせて頂きます。
 また、介護認定に非該当の方につきましては、「自費」のご利用という形で対応が可能です。料金など詳細につきましては直接ご質問ください。
※実際のご利用につきましては、事業所の見学・体験を踏まえてのご契約という形を推奨しております。まずは体験利用等を通してRe+moveのトレーニングやサービスを体感されて下さい。

送迎対応について

送迎しております
ご利用者様が生活をされているご自宅から事業所間の送迎をさせて頂いております。送迎に要する時間は最長片道30分程度を想定していますが、送迎ルートやスケジュールによっても多少変動がございますので、送迎の範囲や地域など詳細については直接ご相談ください。

サービス内容を教えてください

「歩行」を中心に様々なプログラムがあります
Re+moveでは、超・運動特化型デイサービスとして「歩行」をテーマに運動トレーニングを中心としたサービスを提供しております。具体的には、ご利用者様の全身状態を含めた身体管理や、立ち上がり・移乗・歩行(屋内・屋外)などといった動作能力の改善、生活目標の達成に向けた支援や各種助言等を実施しております。
また、専門職の配置としまして、生活相談員・看護師・理学療法士・ピラティスインストラクターを中心に配置し、ご利用者様の支援を行っております。

車いすの対応について

車いすは非対応となっております
Re+moveでは「歩行」をテーマにトレーニングのプログラムを設定しており、介助を含めた歩行が可能な方を対象としております。また、施設内はバリアアリーという形で様々な障害物が設けられており、送迎車両の設備も含め車椅子非対応の施設となっております。
 歩行器の使用につきましては、歩行器の形態にもよりますので個別にご相談ください。

Physio Studio Re+move

 
〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276-673
TEL:0985-20-2729
 
介護保険事業所番号:4570107963
サービス種別:通所介

関連企業

 HumanGroup グループサイト
株式会社HumanLoop
株式会社HumanNext
株式会社HumanPLUS
医療法人 音花会